内科に5年、訪問看護で6年のベテランが辞めた理由

看護歴11年目の43歳女です。
総合病院の内科に5年勤め、その後6年訪問看護をしていました。

看護師を辞めた理由は?

体力的にもきつい仕事でしたが、ストレスが一番の原因です。

辞めてどうした?

主人の転勤もあり今は専業主婦です。ヨガに通ったり習い事をしたり毎日楽しくすごせてます。ただ自分の稼ぎがなくなったので今までなんでもぽんぽんと買っていましたが節約を心がけるようになりました。お金の面では大変ですがイヤな夢をみたりすることもなく心が穏やかなので前より自分を大切に出来ているし、後は、しんどいというのが口癖になっていましたが言わなくなりました。自然に。

辞めてよかった?

気持ちに余裕ができよかったと思います。看護師をする前の自分に戻れいろいろなことに興味が湧くようになりました。

復職する予定は?

ありません。他の仕事をする可能性はあるかもしれません。看護師だけはもうしません。
そのうち両親の介護もしないといけないときがやってくると思うのでその時に看護師のときに得たことが役立つかと思います。看護師になる前にしていた仕事のほうが自分にはあっていたと思います。

看護師を辞めたい人にアドバイス

今は、看護師14年目のベテランでも転職する時代です。
しかし看護師以外にもお金にこだわらなければ仕事は沢山あると思います。
私は看護師になったのが一般社会に出て違う仕事をしてからだったのでよけいに思ってしまうのかもしれませんが働くのが嫌いではなくむしろ好きだったのが看護師になってからは仕事嫌いになっていました。今度は自分に合った仕事をしたいと思います。
皆さんも自分の将来を見つめ直してみてください。
あなたが60歳になったとき看護師として働いているイメージができますか?
もしできないのであれば看護師を辞めることも考えたほうが良いかもしれません。